yoko-boogie
横浜市創造芸術文化活動支援事業
ヨコハマブギ:アンダーザインフルエンス
Hatch Art企画の展覧会
2007/9/14(Fri) - 9/30(Sun) @ZAIM

EXHIBITION INFO : CONTENTS : ARCHIVE : LINK : PROFILE : MOBILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : : posted by スポンサードリンク :
ドキュメント本発行のお知らせ
去年開催した本展「Yokohama Boogie」などを企画制作してきた「Hatch Art」が
横浜市総合的芸術文化活動支援事業をもとに、ドキュメント本を発行しました。
HP上、または一部首都圏美術系の書店のみの販売となりますが、
ご一読いただければ幸いです。
お問い合わせは
hatchart[at]gmail.com
までお願いいたします。
: etc : - : trackbacks(0) : 02:45 : posted by Yokohama Boogie:Under the Influence :
フランシス真悟「Blue's Silence:inner silence」展
企画をしているHatch Artのメンバーであるフランシス真悟が同時期に個展を開催します。




フランシス真悟
「Blue's Silence:inner silence」


日時: 2007年9月11日(火)22日(土) 11:00−19:00 ※日曜休廊
会場: Galerie Paris
オープニングパーティー:9/15(土) 17:00〜19:00

今回の展覧会では、ニューヨーク郊外のライン・グリフの版画工房「Pondside Press」で制作した新作モノタイプ版画を中心に、
また、新作の油絵を含めた発表をいたします。
昨年夏、世界中から公募を受けるニューヨークのアーティスト・イン・レジデンス・プロジェクト「Art Omi」の選考に見事選ばれ、世界各国からの若いアーティストと共にニューヨーク郊外で、約一ヶ月のレジデンス制作をしました。
その折に出会った版画プリンターMr. & Mrs. Braggins。この2人により運営される工房での版画は、単なるエディション作りの為の制作ではなく、モノタイプの版画。つまり、一つのプレス版で一点の版画しか作れません。
フランシス真悟の色感と、作品へのこだわり、それを感受するプリンターとのコラボレーションから生み出される版画は非常にクオリティーの高いものとなります。
: etc : - : trackbacks(0) : 13:25 : posted by Yokohama Boogie:Under the Influence :
Leo van der Kleij展覧会
同時期に参加作家であるレオ・ファンダークレイの展覧会が六本木で開催されます。


“Winer Neustadt” Leo van der Kleij

Leo van der Kleij
「フォトグラフィー私のスケッチブック1973-2007より」


期間:2007年9月19日(水)-29日(土)、火休
場所:クールトレイン・ギャラリー
開館時間:10:30-17:00
住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-4 ハリントンガーデンB1F
Tel:03-3478-8673
アクセス:地下鉄メトロ日比谷線六本木駅より徒歩5分、千代田線乃木坂駅より徒歩5分

主催:クリエイトライン株式会社
企画:Shinohara Fine Art
助成:オランダ大使館、Stroom Den Haag
協力:遊工房アートスペース

オープニング:9月18日(火)19:00-

写真において何かをスケッチをするという機会はあまり多くはありませんが、時として写真の大半はスケッチしているようには見えるかもしれません。画家や彫刻家は"真剣に"作品製作をする為にスケッチを試みますが、写真家にとってはスケッチする可能はあるもののその作品には写真よりも作品が優位になるというリスクが伴うかもしれない為に、マテリアルとしてのスケッチは限定的な相違が難しくなる可能性があります。

本展覧会の目的は、1973年から現在に至るまでのファン-ダークレイが35mmと6 x 6カメラで撮影した様々なサイズでの白黒のオリジナルモノクロームの記録作品を発表することにあります。主題としては音楽・家族の生活・抽象・アートワールドなど、訪れる方々にとっては風変わりなイメージというよりは親しみのある作品郡になっています。彼の母国であるオランダをはじめ、ドイツ、イタリア、フランス、英国、日本、ハンガリー、チェコ・スロバキア、オーストリア、スペインなど世界中のイメージからなるこれらの作品は、彼の真の"アートフォト"かつプライベートワークであり、ここ東京・クールトレイン・ギャラリーにて1冊のスケッチブックとして皆様に新たなるページを開かれている事を心待ちにしています。
: etc : - : trackbacks(0) : 16:37 : posted by Yokohama Boogie:Under the Influence :
ZAIMとは?
zaim外観

ZAIMとは、旧関東財務局と旧労働基準局だった建物が、2005年横浜トリエンナーレの際に横浜市の主導によってリノベートされ、大阪のアーティストチームgrafによるカフェも期間限定オープンし、情報ステーションとして話題を呼んだ。
現在は若いアーティストやクリエーターが集う、創造とプレゼンテーションのスペースとして、様々なプロジェクトやプログラムを展開している。
2008年のトリエンナーレに向けて、横浜は活動を開始しているが、そういった動きと併せてZAIMにおいても文化・芸術の支援を更に活性化するべく、新たな試みが開始されている。本館上階はアーティストや芸術に携わるNPOが公募の後選出され入居している。それぞれオフィスを構えながら、ZAIM内のスペースを利用し自主企画を行っている。
※ZAIMという表記は、ZA=「座」=人々が集い、交流する場。IM=intermediary=「中間支援」機能(若手アーティストやNPOなどの活動を支援するための環境整備)以上の「場」と「機能」の相乗効果という意味を込めています。
: etc : - : trackbacks(0) : 20:53 : posted by Yokohama Boogie:Under the Influence :
: 1/1 :