yoko-boogie
横浜市創造芸術文化活動支援事業
ヨコハマブギ:アンダーザインフルエンス
Hatch Art企画の展覧会
2007/9/14(Fri) - 9/30(Sun) @ZAIM

EXHIBITION INFO : CONTENTS : ARCHIVE : LINK : PROFILE : MOBILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : : posted by スポンサードリンク :
Hatch Artとは?
Hatch Artは、アーテイストのフランシス真悟により、1996年ロサンゼルスに設立された団体であり、絵画、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなどを含めた様々なジャンルのコンテンポラリー・アートの作品を紹介し、アーティストとコラボレ−ションを行っています。
現在は横浜ZAIM内にオフィスを設け、アーティストの作品の展示紹介などを行っています。2006年11月に「Boundary:Seven Artists in Yokohama」展、2007年3月には「Happy Hours」展、「Magnus Brts」(スウェーデン大使館ギャラリー)を開催。本展は第3回目の企画です。
アーティストの制作の場として活用する他に、自己または、他のアーティストの作品の展覧会、各種イベントやアートスクール、セミナーを行うことによって、訪れる人びととの交流の場を生み出すことを目指し、日本国内のみならず、アジア、アメリカ、中南米やヨーロッパなど各国のア−ティストと協力して文化活動を行っていくことを目的としています。

メンバープロフィール(随時UP予定)

■フランシス真悟
カリフォルニアの美大を卒業し、サンフランシスコ、ロス・アンジェルス、ニューヨークにて制作活動を行ってきたペインター。現在は、“青”をモチーフにした“Blue Silence”シリーズに取り組んでる。作品発表の場は、日本、アメリカ、ヨーロッパと多岐に亘っており、アメリカ各地では版画プロジェクトのコラボレーションやワークショップなど様々。

■墨屋宏明
経営工学科を卒業後シンクタンク勤務。BOAT PEOPLE Association メンバーとして本業の傍ら現代美術と社会を繋げる領域での活動を実践している。横浜トリエンナーレ2005でのZAIMのオープニング企画でフランシス真悟のアーティストトークを企画したことがきっかけとなり、2006年Hatch Artをスタート。鎌倉でのルートカルチャー栗林隆展などの展覧会の企画を手がける。

■櫻井直子
早稲田大学教育学部卒業。ヨコハマポートサイドギャラリーに創立時から参加。2005年、ヒノギャラリー勤務の傍ら、第2回横浜トリエンナーレへキュラトリアル・スタッフとして参加。
現在、横浜トリエンナーレ2008の組織委員会に勤務。


■篠原睦
跡見学園女子大学文学部美学美術史学科卒業、英国美術競売会社付のクリスティーズ・エデユケーション美術ディプロマ取得、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ大学院美術史修士課程修了。文部科学省社団法人中国研究所書館付司書として勤務後、英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館と英国オークション会社ボナムズ社で研修。ドイツ美術競売会社クイッテンバウム・アートオークション株式会社の近代絵画・東洋美術担当、パリで美術史家助手、美術展企画会社でキュレータを経て、SHINOHARA FINE ARTSの立場から現在は美術関連業務に携わっている。

■芦立さやか
武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。在学中にSCAI THE BATHHOUSEにて4年間インターンとして関わる。卒業後、横浜にあるBankART1929でスタッフとして勤務し、展覧会の企画やアーティストインスタジオなどのプログラム業務に関わる。また、同時期に個人的に横浜の北仲WHITE内に吉田有里と共にYOSHIDATE HOUSEをオープンし、展示やパーティーを多数企画。現在、今後の活動に向けて準備中。

■谷川公朗
: Hatch Art Information : - : trackbacks(0) : 20:46 : posted by Yokohama Boogie:Under the Influence :
: 1/1 :